CORPORATE INFORMATION

■WOWOW「放送番組の編集の基準」

当社は、全国を放送エリアとする民間放送として、文化の向上、公共の福祉、産業と経済の繁栄に役立ち、平和な社会の実現に寄与することを使命とする。
われわれは、この自覚に基づき、民主主義の精神にしたがい、基本的人権と世論を尊び、言論および表現の自由を守り、法と秩序を尊重し社会の信頼にこたえる。このために当社は、放送番組を次の基準によって編成する。

(1)番組の種類は、教育番組、教養番組、娯楽番組、報道番組、その他等とする。
(2)教育番組、教養番組に関しては、対象を明確にして妥当な時間帯に編成し、十分な告知を実施する。
(3)娯楽番組は、視聴者に健全な楽しみを提供し、生活内容を豊かにするものとする。
(4)報道番組は、すべての干渉を排し、政治、経済、社会上の諸問題に対し公平な立場を守り、国民の的確な判断の素材を提供するもとのする。
(5)社会の公安および善良な風俗に反する放送は行わない。
(6)広告は、真実を伝え、関係法に適合し、社会的責任を負うものとする。
(7)放送番組審議会の意見を尊重し、番組内容の適正化を図る。視聴者の意見、要望を把握し、番組に反映させる。
(8)個々の番組の企画、制作、実施にあたっては、「日本民間放送連盟放送基準」を遵守することを基本方針とする。

平成2年12月21日制定
平成28年2月25日改訂


■WOWOW「放送番組の編集に関する基本計画」

放送番組は、公共の福祉の立場から常に品位を重んじ、世論を尊び、言論の自由と公正を貫き、自らの権威を高めるとともに、産業、経済、文化等各分野の発展向上に貢献するよう配慮する。
番組を企画、制作、編成するにあたっては、次の基本計画によるものとする。

  • (放送時間)
    1.1日24時間を原則とする。
  • (番組の種類)
    2.放送番組は教育番組、教養番組、娯楽番組、報道番組、その他等で編成する。
    番組の編成は、それぞれの番組の性格に応じた視聴対象および生活時間を考慮して行なう。
  • (教育番組)
    3.教育番組は、家庭および社会における成人、青少年、児童に対して、学問一般、科学、芸術、技芸等に対する興味を喚起し、実益をもたらすようにする。
  • (教養番組)
    4.教養番組は、国民の円満な常識と豊かな情操を養い、国民の一般的教養の向上に資するものとする。
  • (娯楽番組)
    5.娯楽番組は、国民の社会生活に調和する、健全な楽しみを提供し、国民の生活内容を豊かにするものとする。
  • (報道番組)
    6.報道番組は、真実を公平かつ迅速にわかりやすく伝達し、国民の社会的関心にこたえるものとする。
  • (広告)
    7.広告放送は、国民の経済生活と産業経済の発展に資するもので、番組の内容および格調によく調和するものとする。
  • (その他の番組)
    8.その他としての番組は、放送番組等の内容および有料放送の理解促進のための告知番組を行うものとする。

平成2年12月21日制定
平成10年5月21日改訂