カテゴリから探す

元ポルトガル代表フィーゴが来日し

元ポルトガル代表フィーゴが来日し"WOWOWサッカー1日宣伝部長"に就任! 空港到着から生放送番組出演、早朝のクラシコ解説まで密着レポート!

サッカー 元ポルトガル代表 ルイス・フィーゴ

今年は4年に一度の欧州サッカーの祭典“ユーロ”の開催年。WOWOWでは、今大会からの新たな試みとして欧州11カ国12都市で行なわれるUEFA EURO 2020™サッカー欧州選手権(以下、ユーロ2020)の全51試合を生中継!

これに先立ち、大会オフィシャルアンバサダーを務め、バルセロナやレアル・マドリードで活躍した元サッカーポルトガル代表のルイス・フィーゴが緊急来日! “WOWOWサッカー1日宣伝部長”として3月1日(日)に放送された「ルイス・フィーゴ緊急生出演!WOWOW欧州サッカースペシャル~ユーロ2020&クラシコ~」に出演したほか、3月2日(月)の未明に行われた、スペインサッカー ラ・リーガの“クラシコ”レアル・マドリードVSバルセロナの試合の副音声解説を務めるなど、精力的な活動を行なった。

WOWOW FEATURES!では、フィーゴが2月29日(土)の日本到着から3月1日(月)の夜に帰国の途に就くまでの3日間に完全密着! 番組出演やマスコミの取材対応、個別インタビューの模様から集まったファンへのサービス、多忙な中でのわずかなプライベートの様子などをレポート。密着取材の最後にはインタビューも敢行しました!


※2020年6月12日に開幕となっていた「UEFA EURO 2020™ サッカー欧州選手権」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、一年延期されることが決定しました。本レポートは、延期決定前に作成されたものです。WOWOWでは2021年にこの大会を全51試合生中継いたします。


<2月29日(土)>

夕方:成田空港着

200309_figo_1.jpg

新型コロナウイルスの影響で国内では多くのライブやイベントが中止・延期されるなどしており、来日を危ぶむ声もあったが、フィーゴ氏は予定通り日本に到着。マスクを着用した姿で到着ゲートに姿を見せた。事前にフィーゴ氏の来日自体は公式にアナウンスされていたものの、いつどの空港に着くかなどはもちろん非公表。にもかかわらず、空港には約50名の熱烈なファンが詰めかけ、来日を歓迎。フィーゴ氏はすぐにファンのもとに歩み寄り、その場で即席のサイン会を実施!

そのままフィーゴ氏は迎えの車に乗り込み、都内のホテルへ。そこで今後のスケジュールの確認や、番組関係者との打ち合わせなどが行われた。なお、その後の多忙なスケジュールを考慮して、本来なら最終日の離日時に渡すWOWOWからの来日記念のお土産をこのタイミングで贈呈。赤坂にある宮内庁御用達の「陶香堂」の茶器が贈られた。

200309_figo_2.jpg

この日の夜は、来日期間中ほぼ唯一の自由時間。日本在住の友人と食事に。

<3月1日(日)>

この日は、マスコミの取材&番組収録の嵐! 午前11時に辰巳のスタジオへ。メルセデス・マイバッハから降り立ち、颯爽とスタジオに入っていくさまはハリウッドスターさながら!

200309_figo_3.jpg

200309_figo_4.jpg

WOWOW放送センター入口にはレッドカーペットが敷かれ、フィーゴパネルがお出迎え。

200309_figo_5.jpg

まずは3月16日(月)、23日(月)、30日(月)の3回にわたって、フィーゴ氏が選ぶ過去のユーロの名勝負3試合を放送する「ルイス・フィーゴが選ぶ!UEFA EURO™ ベストマッチセレクション」の収録。

200309_figo_15.jpg

1996年、2000年、2004年の3度にわたってポルトガル代表の一員としてユーロに出場したフィーゴ氏。2000年大会のイングランド戦では、0-2のビハインドからいまでは"伝説"と言われるミドルシュートを決め、チームを逆転勝利に導き、2004年大会では若きクリスティアーノ・ロナウドらを率い、準優勝に貢献しているが、そんなフィーゴ氏が選ぶベストマッチは果たして...?

収録後、昼食にお寿司を食べ、休息を挟んでから、サッカー専門誌やスポーツ紙の記者、地上波のテレビ局などの多くの報道関係者が来場した合同取材に出席。

200309_figo_16.jpg

今回が引退後初めての来日となったが「また日本に戻ってくることができて嬉しく思います。新型コロナウイルスのこともあり、制限のあるスケジュールになってしまいますが、そんな中で日本のみなさんが温かく迎えてくださり、幸せを感じています」と挨拶。

大会公式アンバサダーとしてユーロについて「今回、フォーマットが大きく変わり11カ国12都市での開催となりましたが、UEFAのメンバーとして成功裏に終わることを祈っています。ヨーロッパの代表チームにとって非常に重要な戦いです」と語り、前回大会で悲願の初優勝を果たした母国ポルトガルに対して「才能豊かな若い選手と経験豊かなベテランがいて、世界で最も強いチームだと思っています。ドイツ、フランスと一緒の最も難しいグループに入ってしまいましたが、ポルトガルが突破することを望んでいますし、それができると思います。歴史的に見ても、ポルトガルは強いチームに挑み、良い結果を残してきたと思います」とエールを送った。

200309_figo_6.jpg

また、レアル・マドリードに移籍し、今シーズンはマジョルカでプレーしている日本人の久保建英選手について尋ねられると「若くてとても優秀な選手です。これから経験を積み、成長を重ねていくと思います」と今後の活躍への期待を口にした。


その後、生出演の段取りの打合せを挟んで午後4時から放送の生放送番組「ルイス・フィーゴ緊急生出演!WOWOW欧州サッカースペシャル~ユーロ2020&クラシコ~」に出演。解説の北澤豪さん、安永聡太郎さんらと共にユーロの魅力、そして翌日の早朝に行われるレアル・マドリードVSバルセロナの"伝統の一戦クラシコ"の展望などについて語りました。

200309_figo_7-1.jpg

番組では、ガンバ大阪の宮本恒靖監督、昨年のJリーグMVP&得点王に輝いた横浜F・マリノスの仲川輝人選手がVTRで登場し、フィーゴ氏へ質問を寄せた。宮本監督の「ビッグクラブで選手たちはどのように行動し、チームの勝利に結びつけていたのか?」という質問には「ビッグクラブに入る時には、競争力を上げていかなくてはいけません。常に練習して働かなくては目的を達成することはできません。人格、プレッシャーに押し潰されない心構えも大切です。もちろん、最も重要なのはプレーのクオリティの高さですが」と回答。

さらに仲川選手からの、相手の逆をつく緩急のあるドリブルの方法についての問いには「"猫"と"ネズミ"の役割を一人でこなさなくてはいけません」と独特の表現で説明し、実際に北澤さんを相手にスタジオでドリブルを披露する一幕も!

収録終了後には、北澤さん、安永さんら番組関係者と記念撮影を行い、この日の取材&収録は終了。

200309_figo_8-2.jpg


翌日の早朝のクラシコの解説を控え、いったんホテルに戻ったが、この時も辰巳の放送センターの前にはフィーゴ氏の生出演を知り、出待ちをしていた大勢のファンの姿が。

200309_figo_9-3.jpg


車に乗り込む前にフィーゴ氏は、ファンのもとに駆け寄り、ここでも即席のサイン会を実施!

<3月2日(月)>

早朝。

日本時間午前4時35分からの「スペインサッカー ラ・リーガ 現地より生中継! 第26節 伝統の一戦クラシコ レアル・マドリードvsバルセロナ」のため、再び辰巳の放送センターへ。今回、フィーゴ氏は副音声で解説を担当。山田泰三アナウンサー、ペナルティのヒデさんと共に試合の模様をお伝えした。

200309_figo_10-3.jpg

試合は新星ヴィニシウスの先制ゴールとアディショナルタイムのマリアーノのダメ押しゴールでホームのレアルが快勝。前日の生放送で、"レアル推し"を公言していたフィーゴ氏の思惑通りの結果に。

その後も、地上波のサッカー番組、スポーツ番組の取材や専門誌のインタビューなどを受けるなど、精力的に活動してくれたフィーゴ氏。時差ボケも抜け切らない中での早朝の解説など、かなり変則的なスケジュールだったにもかかわらず、疲れを見せることなく終始笑顔で取材に応じていた。

一連の取材の最後に、WOWOW FEATURES!もインタビューを実施。今回の来日の感想やWOWOWのユーロ中継への期待などを語ってくれた。

――今回、約3日間という日本滞在でしたが感想は?

今回は、あくまでも仕事のための滞在で、非常に短い時間で、観光するような時間を作ることはできませんでしたが、東京という街は相変わらず美しく、とても気に入っています。和食も大好きですし、人々の温かいもてなしにも感謝しています。素晴らしい経験を積むことができたと思います。

200309_figo_11.jpg

――"WOWOWサッカー1日宣伝部長"も務められ、いくつかの番組に出演されましたが、WOWOWのスタッフとのお仕事はいかがでしたか?

非常に快適にお仕事をすることができましたし、ご一緒できて光栄に思っています。これを機に、こうした関係を将来にわたっても続けて、お互いに協力して、また何かできればと願っています。

――日本ではWOWOWがユーロ2020を生中継しますが、ユーロの魅力を存分に伝えるために、期待することやアドバイスがあればお願いします。

人々の口を通じて、ユーロへの興味や期待が広がっていくことになると思いますが、より多くの人にその魅力を伝えるため、少しでも長くユーロを番組で扱ってもらえたらと思います。ユーロは世界最高峰の戦いであり、フェスタ(祭典)でもあります。個々の選手たちのレポートなどと共に、その魅力をより多くの日本のみなさんに伝えていただくのが重要だと思います。

――今後、日本のサッカーのレベルアップのために何が必要だと思うか、アドバイスをお願いします。

200309_figo_12.jpg

日本人選手がヨーロッパの高いレベルのリーグでプレーするというのはとても大切なことです。久保(建英)選手ら若い選手たちは、世界的な高いレベルの選手たちに交じってプレーすることで個々の成長へとつなげることができますし、そこでの経験を日本代表に戻った時に、チームに還元することができ、役立てることができると思います。


こちらのインタビューで、全ての取材がおしまい!

200309_figo_13.jpg

最後にWOWOWの視聴者へのプレゼントのためにサッカーボール数十個とユニフォームにサインを入れて、WOWOWサッカー1日宣伝部長の全日程が終了! 立ち合ったスタッフから大きな拍手が。その後、空港へ向かい、この日の夜の便でフィーゴ氏は帰国の途に就いた。

200309_figo_14.jpg


<ルイス・フィーゴが選ぶ!UEFA EURO™ ベストマッチセレクション>

~数多くの名勝負を残した過去の大会から、著名人が選んだベストマッチを毎月放送。3月はルイス・フィーゴが選出!~
【放送日時】
2000年大会 ポルトガルvsイングランド 2020年3月16日(月)よる6:00~ [WOWOWライブ]
2004年大会 スペインvsポルトガル   2020年3月23日(月)よる6:00~ [WOWOWライブ]
2004年大会 ポルトガルvsイングランド 2020年3月30日(月)深夜0:00~ [WOWOWライブ]


取材・文/黒豆直樹  撮影/祭貴義道  制作/iD inc.

この記事をシェアする

おすすめ記事