CORPORATE INFORMATION
  • お知らせ
  • 2017.12.20
  • twitter
  • twitter

スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ「伝統の一戦クラシコ」でのTV向け「4Kライブ映像提供」の実証実験について

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)は、グループ会社である株式会社アクトビラ(本社:東京都港区、代表取締役社長 橋本 元)の協力の下、12月23日(土・祝)にWOWOWライブにて生中継を行なう「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ(LaLiga Santander) 伝統の一戦クラシコ」においてハイブリッドキャスト*を活用したTV向け「4Kライブ映像提供」の実証実験実施を決定いたしました。ハイブリッドキャストは、放送と通信を連携させるサービスで、インターネット経由で豊富な情報をTV画面上に提供できることが特徴です。今回の実証実験は、WOWOWが中期経営計画にて掲げている重点戦略の1つ「サービスのさらなる高度化」における「放送とWEBが連動したTV向けの新サービス開発」の1ステップに当たり、現在検討中のTV向け「4Kライブ映像提供」サービスの実現を視野に入れた取り組みとなります。

*ハイブリッドキャスト は(財)NHKエンジニアリングサービスの登録商標です。

実証実験概要
対象番組:スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ 伝統の一戦クラシコ 第17節 レアル・マドリードVSバルセロナ
放送日時:2017年12月23日(土・祝)夜8:30~WOWOWライブにて生中継
インターネット回線に接続され、4Kネット動画視聴に対応するハイブリッドキャスト機能搭載TVで番組を視聴中の方は、リモコンにて画面上に表⽰された切り替えボタンをワンタッチすることで番組の4Kライブ映像にアクセスし、シームレスかつリアルタイムに同じTV画面上で番組を4K映像にてお楽しみいただくことが可能となります。また今回の実証実験では、各家庭のネット環境に合わせて適切なビットレートに自動切り替えを行なうアダプティブ・ビットレート技術を活用することで、より最適化された4K高画質映像の提供を可能とすると同時に、コンテンツを高速で安定して届けるネットワーク、CDN(Contents Delivery Network)を活用することで、同時多数接続にも対応可能な仕組みを新たに導入し、今後の実用化を意識した形での実施を予定しております。

WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後も新たな視聴サービスの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

<遷移イメージ>
image.png

<ハイブリッドキャスト4K対応TV機器一覧>
http://wowow.co.jp/sports/liga//info/detail_171218.html

お問い合わせ

関連ニュース