CORPORATE INFORMATION
  • お知らせ
  • 2018.11.01
  • twitter
  • twitter

IS(Image Processing System)事業譲渡について

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)は、連結子会社であるWOWOWエンタテインメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 峯崎 順朗)が行なっているIS(Image Processing System)事業(以下「IS事業」)を2018年11月1日をもって、韓国の映像機器メーカーであるVidente Co.,Ltd(以下「Vidente社」)に譲渡致しました。

これまでWOWOWは、Vidente社と次世代IS-miniの共同開発を行なっていましたが、より深い協業を協議する中で、IS事業をVidente社に譲渡することで合意に至り、2018年11月1日をもって、IS事業のすべての資産、権利、義務をVidente社に譲渡致しました。Vidente社は、TVLogicブランド(http://www.tvlogic.tv/ )で業務用モニターを中心に製造販売している韓国企業です。今後、IS事業取り扱い製品(IS-mini、IS-mini Rack4K、IS-miniX、IS-miniX Rack4K、 WonderLookPro)の販売、サポートは、Vidente社が各販売店を通して行なうことになります。詳しくは、こちら(https://is.wowowent.co.jp)をご参照ください。
なお、本件による2019年3月期の連結業績に与える影響は軽微であります。

■IS事業とは
ISとはカメラからの映像信号を適切な色変換テーブルにより変換し、さまざまな撮影現場やポストプロダクションにおいて高精度なカラーマネジメントを実現するデジタル映像制作用色管理システムです。同システムをもとに開発されたハードウエアは、既に、日本・アメリカ・ヨーロッパの放送局・制作会社・ポストプロダクション担当会社に販売されるなど放送および映画分野での実績を残しています。

お問い合わせ

関連ニュース