CORPORATE INFORMATION
  • お知らせ
  • 2019.02.04
  • twitter
  • twitter

WOWOW FILMS『友罪』瀬々敬久監督が第92回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画監督賞を受賞

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が製作した『友罪』の瀬々敬久監督が、第92回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画監督賞を受賞しました。

キネマ旬報ベストテンは、現在まで刊行している映画雑誌として最も長い歴史を誇る『キネマ旬報』が選出する、1924年からスタートした世界最古クラスの映画賞です。映画評論家を中心に100名以上の選者により各賞が選ばれることで、最も中立的で信頼に足る映画賞との評価を得ています。

WOWOWFILMSの同賞受賞としては、2011年の新人女優賞(忽那汐里/『マイ・バック・ページ』他)、日本映画ベスト・テン 9位(『マイ・バック・ページ』山下敦弘監督)、2013年の主演女優賞(真木よう子/『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』他)、2015年の主演女優賞(深津絵里/『岸辺の旅』他)、日本映画ベスト・テン 5位(『岸辺の旅』黒沢清監督)、2017年の日本映画ベスト・テン 5位(『散歩する侵略者』黒沢清監督)に続く受賞となります。

「WOWOW FILMS」は2007年に立ち上げた劇場用映画レーベルで、徹底して上質にこだわったエンターテインメント性の高い映画を企画・製作し、世界に送り出していきます。

WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。


【WOWOW FILMS『友罪』概要】

作品内容
ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

出演:生田斗真 瑛太 夏帆 山本美月 富田靖子 佐藤浩市 ほか
監督:瀬々敬久 
原作:薬丸岳「友罪」(集英社文庫刊)
製作幹事:WOWOW/ハピネット
配給:ギャガ

■『友罪』DVD, Blu-ray情報
好評発売中&レンタル中
Blu-ray 豪華版:6,800円(税別) 通常版:4800円(税別)
DVD 豪華版:5,800円(税別) 通常版:3,900円(税別)

豪華版には【予告編集】【メイキングオブ 友罪 Here/There】【イベント集】【WOWOW 映画『友罪』公開記念特番】など多数特典映像が収録。

お問い合わせ

関連ニュース