社員インタビュー

「自分ごととして考えることができれば
アイディアは広がっていく」

大原 康明

マーケティング局
ネット事業推進部
2013年入社

WOWOWに入社した理由を教えてください。

人の心を動かす
テレビの世界へ

音楽も好き、アニメも好き、映画も好き。エンターテインメントの仕事に携わりたいと思っていました。WOWOWでも放送していた今敏(こん・さとし)監督のアニメがすごく好きだったし、学生時代にはバンドをやっていたこともあるので、とにかく「WOWOWに入れば全部のジャンルに触れられる。最高じゃん!」って思いましたね(笑)。
広告代理店も受けていたのですが、人の心を動かすという意味では、テレビの影響ってすごく大きいのでやりがいを感じていましたし、1からものづくりができる会社がいいなとも思っていた。WOWOWは若いうちから裁量を認められ、やりたいことができる。そこが魅力的に映りましたね。

学生時代に熱中したことは何ですか?

学生時代につちかった
1から提案する力

学生時代は、ベンチャー系の企業でインターンとして3年間働いていました。アバターのデザインやファッション系の通販サイトの支援などを手がけているWEB制作会社で、インターンという立場ではありましたが、企画営業のほか、資料を使ったプレゼンなどもやらせてもらえて、「1から提案したものが形になっていくって楽しいな」と思ったんです。ドラマや映画も好きで、休みの日はよく映画館に通っていました。

現在の担当業務について聞かせてください。

他社と協力して、
オリジナルバラエティ番組を制作中。

今、ちょうど山場を迎えているプロジェクトは、GYAO!さんと一緒に進めている共同制作番組『セカイ系バラエティ 僕声(ぼくこえ)』です。声優さんを主役に迎え、ドラマやコント、アニメや歌など様々な映像表現に挑戦していただく完全オリジナルの番組です。
声優さんの中でご自身の活躍の場を広げていきたい、新しいことにチャレンジしたい、という想いのある方々とご一緒し、WOWOWのプロデュース力を駆使しながら、声優さんの可能性を広げていくことができれば素敵だなと思っています。今回の取り組みは、声優さんファンの女性の方がメインターゲットになっていますが、それだけにとどまらず、自分と同世代の若い人たちに番組を届けることができる、WOWOWと接点を作ることができるのではないか、という想いがあります。

今後のWOWOWには何が必要だと思いますか?

「自分ならこうする」という
思いを大切に

自分が携わるプロジェクトを自分事にして、「私だったらこうする」という想いをちゃんと持っていることが大事だと思うんです。エンタメが好き! という想いももちろん大事なのですが、番組はもはやつくるのが当たり前だと思います。そこからどう広げていくのか妄想できる人材が大事になってくると思います。「自分がつくったものを流行らせるにはどうすればいいのかな」って、自分事として考えることができれば、アイディアは広がっていく。その感覚のつながりが、ビジネスに結びついていくのだと思います。

私が思う、WOWOWの働きやすさ

恵まれているなと思います。業務量についてもムリがないと感じています。何より、若手のうちから経験が積めたり、1年目でプロデューサーになれるなどの環境が魅力的ですね。そして、手をあげれば、どんどん色々なことにチャレンジできます。後押ししてくださる人たちがいるのは、すごくありがたいです。

My Partner

以前担当した番組「MAN WITH A MISSION Presents『WOWGOW TV SHOW』」のスタジオセットでジャン・ケン・ジョニーさんが、使用していたものと同様のモデルです。
これで優雅にコーヒーを…と思っていたのに気づいたらペン立てとして活躍していました…。

Off Shot

映画を観たりライブに行ったりと興味関心のあるエンターテインメントには積極的に触れるようにしています。
ところが、この前はなぜか青学出身メンバーで母校である「淵野辺キャンパス」で行われている文化祭へ突入…!
やっていることって、実は学生時代とあまり変わらないですね。