カテゴリから探す

12月に開始する新4K8K衛星放送。受信方法と対応チャンネルは?

12月に開始する新4K8K衛星放送。受信方法と対応チャンネルは?

今年12月にスタートする、新4K8K衛星放送。チャンネルはいくつあって、どうすれば見ることができるのだろう? 今までの「4K」と呼ばれてきたサービスや、従来のデジタル放送とはどう違うのか? 具体的な放送局や開始スケジュールを含め、新4K8K放送の基本的な情報を押さえておこう。

新しく始まる4K8K放送とは?

「4K」と呼ばれる映像サービスは、すでに複数展開されている。

124/128度CS放送においてはスカパー!プレミアムサービスが「スカパー!4K総合」「スカパー!4K体験」を、ケーブルテレビにおいては「ケーブル4K」という専門チャンネルが放送中。インターネット放送およびビデオ・オン・デマンドでは、「ひかりTV 4K」「Netflix」「4Kアクトビラ」「dTV」「スカパー!プレミアムサービス光」「Amazonプライムビデオ」など、4Kサービスが多数展開している。

feature3_a_810x540.jpg

そして、新しく始まるBS・110度CSの4K8K放送がこれらに加わることでチャンネルやサービスの数が増え、さらに選択の幅が広がることになるのだ。

それでは、これまでの2K放送はどうなるのだろう? 答えは「今までと変わりなく、引き続き見ることができる」だ。アナログからデジタルに切り替わったときのような対応は必要ないので慌てることはない。また、地デジによる4K8K放送の有無も気になるところだが、こちらは現時点での実用放送の予定はない。

新4K8K衛星放送を見るためには

新4K8K衛星放送を見るためには、4K映像が見られるテレビに加えて、受信するためのチューナー、4K対応アンテナなどの機器を揃え、視聴環境を整える必要がある。新調すべき機器は現在のテレビや住宅環境によって異なるので、確認が必要だ。

詳しくはこちら>似ているようで全然違う「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」| FEATURES

12月にはBS、CSの4K放送が続々スタート

2018年12月からは様々なチャンネルが4K放送を開始するが、具体的にはどのような事業者が新規参入するのだろうか?

BS右旋で4K放送を開始するのは、「NHK SHV 4K」「BS朝日」「BSテレ東 4K」「BS-TBS 4K」「BS日テレ(※2019年12月から放送開始)」「BSフジ」。BS右旋での4K放送は基本的に、現在のBSアンテナを交換せずに見ることができる。

BS左旋で4K放送を開始するのは、「ショップチャンネル」「QVC」「映画エンタテイメントチャンネル」「WOWOW(※2020年12月から放送開始)」。110度CS左旋では、「スカパー!」が新たに「スカチャン4K 1〜8」で8チャンネルの4K放送を開始する。

また、BS左旋ではNHKがさらに超高精細度な映像を見ることができる、「NHK SHV 8K」の放送を、4Kと同じく2018年12月から開始。これから2020年にかけて、4K・8Kがより身近なものとなるのは間違いないだろう。

feature3_b_810x540.jpg


ポイントと注意点

ところで、4K放送は録画可能なのだろうか? 答えは「YES」。対応するハードディスクレコーダーであれば、現行の2K放送と同じように録画することができる。各社4K放送の特性を生かした対応レコーダーを発表しているので、4Kの番組をハードディスクに録画したいという人はチェックしてみよう。

一方、ブルーレイディスクなどの光ディスクへの録画・コピーに関しても、2018年12月現在、4K放送のみ録画やコピーができるようになっているが、録画と再生が同じ機器であることを条件としているため、すべての機器やディスクでの録画・再生を保証しているものではない。そういった点でもこれからの動きを見守ることになりそうだ。また前述のとおり、左旋のチャンネルを受信するには専用のアンテナと室内配線が必要となる。併せて注意しておきたい。

詳しくはこちら>似ているようで全然違う「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」| FEATURES

2018年12月からスタートする、新4K8K衛星放送。チャンネルの多様化とともに普及が進むと、まるで実物を目の前で見ているかのような映像体験を自宅で味わうことができるだろう。

WOWOWでは2020年12月からの4K放送開始を前に、『連続ドラマW 海に降る(2015年)』『開局25周年記念 連続ドラマW コールドケース〜真実の扉〜(2016年)』(4K/HDR)、『ドラマW チキンレース(2013年)』『Railway Storyスペシャル 東北復興の鉄路を行く(2014年)』『銘酒誕生物語スペシャル「十四代」400年の軌跡(2016年)』(4K)など、4Kテレビでの美しい映像を堪能できる番組を多く制作している。

2017年12月には、放送と通信を連携させるサービス・ハイブリットキャストを活用したテレビ向け4K映像配信も実施。今後もWOWOWは次世代の映像技術を用いた番組・コンテンツ制作に積極的に取り組んでいく。

おすすめ記事