CORPORATE INFORMATION

障がい者雇用

WOWOWは雇用および処遇に関し、人種・性差等による差別は一切行いません。
直近3年の障がい者雇用率は下記のとおりです。

  • 2013年度 1.71%
  • 2014年度 1.78%
  • 2015年度 2.17%

障がい者アスリート雇用

車椅子バスケットボール

豊島 英

所属チーム Koln 99ers(ドイツ)宮城MAX(日本)

生後4ヶ月の時に髄膜炎を発症し、両足に障害を負う。車椅子バスケットボールの「スピード」に魅了され、地元のチームで活動を始め、2009年、宮城MAXへ移籍。その翌年、日本代表に選ばれると持ち前の「スピード」を活かせしたプレーでロンドン大会や世界大会で活躍した。2015年4月に、バスケに打ち込みたいとWOWOWに入社。2012年ロンドンパラリンピック、2016年リオパラリンピックの2大会連続で日本代表として出場。どちらも9位の成績に貢献している。2016年10月より、ドイツのKoln 99ersに移籍。更なる活躍に期待が高まっている。また、体験会や講演活動を多くこなし、車椅子バスケの普及活動も行っている。

■主な実績
三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉 3位
2014年男子世界車椅子バスケットボール選手権大会 9位
日本選手権8連覇、MVP3回
パラリンピック2大会連続出場(ロンドン/リオ) 9位
■関連リンク
豊島英オフィシャルFacebookページ


  • 多様性への取り組み

WOWOWは社員の誰もが生き生きと働くことができる職場を目指しています。

社員が互いに切磋琢磨しながら成長できる環境を整え、男女が格差なく公平に評価され、適切な昇格、登用を実現し、女性も活躍できるフィールドを拡大していきたいと考えています。
エンターテインメントに求められることは、時代の変化と共にますます多様化しています。社員の様々な価値観や働き方を尊重しあう組織風土は、時代の半歩先をゆく多彩なエンターテインメントを創造する基盤だと考えています。

<育児休職>
子が1歳に達した後の4月末まで、あるいは子が1歳6ヶ月に達した月の末日までを限度に取得可能。

<介護休職>
介護を必要とする家族一人につき合計1年まで取得可能。

<チャイルドケア制度>
小学校3年生修了までの子を持つ社員が利用可能な時短勤務制度。
「時間外勤務なし」や「一日の所定労働時間が6時間」などがあり、自分に適したコースを選択可能。

<ベビーシッター補助>
「ベビーシッター派遣事業」にて割引券使用事業主の承認を受け、ベビーシッター利用の際に助成を受けることが可能。

【参考】
・直近3年間の育児関連制度の利用状況(2014年度~2016年度)
  産休取得後の育児休職取得率        100%
  産休・育児休職取得後の職場復帰率     100%



■ポジティブ・アクションの取り組み
(1)子育てや介護との両立支援
育児や介護をする社員のために、休職や時短勤務制度を整えています。それぞれの社員が抱えるライフスタイルを考慮し、職種や部署の違いに応じて互いに支え合う環境を整え、より多様な働き方を可能にします。

(2)風土改革
社員がそれぞれの立場に応じた働き方を選択できる環境を整えるだけでなく、互いに尊重し、支え合う組織文化を目指します。仕事と生活の充実をはかるため、心身とも健康的に働き続けることができるよう、所定外労働時間削減、有給休暇の取得推進に取り組み、社員のワーク・ライフ・バランスの向上に努めます。

(3)評価
多様な働き方に応じたマネージメント力を育て、協働や効率的な働き方による業績目標の達成を評価する強い組織を目指します。

(4)採用・昇格
性別を問わない公平な採用・昇格を行います。

(5)モチベーション支援
留学支援や社内外の研修参加などの自己研鑽を奨励し、社員のモチベーションを向上させる職場環境を整えます。



■次世代育成支援対策推進法に基づく「行動計画」

次世代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境を整備するため、すべての社員が仕事と子育てを両立させながら、その能力を十分に発揮できる職場環境を築くために、そして、次世代を育成する環境を整えるために、次のように行動計画を策定します。


(1)計画期間

2017年4月1日~2025年3月31日(8年間)


(2)内容
目標(1):計画期間内の対象者の育児休業取得率を次の水準以上にする。
  男性社員20%以上
  女性社員は80%以上
[対策]計画期間内:社内報や社内イントラネットで従業員に周知、推奨を男女共に行う。

目標(2):年次有給休暇、特別有給休暇の取得促進を図る。
[対策] 計画期間内:取得促進策の検討、実施
         社内イントラネット上・説明会実施などで全従業員に周知、取得奨励活動を行う。