CORPORATE INFORMATION

基本方針

当社は、株主・投資家の皆さまに適時的確かつ公平な情報を提供するため、金融商品取引法等の諸法令(以下、「諸法令」)及び東京証券取引所の定める適時開示規則(以下、「適時開示規則」)に準拠した情報開示を行なっております。また、諸法令や適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解していただくために有効と判断されるものにつきましては、積極的に開示をしております。

情報開示の方法

有価証券報告書等は金融庁が提供する「EDINET」に、適時開示規則に該当する情報は東京証券取引所が提供する「TDnet」に公開しております。また、その後すみやかに、当社ウェブサイトにも同一の情報を掲載しております。適時開示規則に該当しない情報についても、当社ウェブサイト等に掲載することにより、当該情報が正確かつ公平に伝達されるように開示を行なっております。

将来の見通しについて

当社が開示している現在の計画、見通し、戦略など(以下、「業績予測等」)は、開示時点において当社の経営陣が入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、リスクや不確実性を含んでおります。そのため、実際の業績は、当社及び当社グループ会社の事業領域をとりまく経済情勢、市場動向等の変化により、業績予測等と異なる可能性があります。なお、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある事項は、リスク情報をご覧ください。

沈黙期間について

当社は、重要な会社情報の漏えいを防ぎ公平性を確保するために、「四半期ごとの決算期日の翌日から決算発表日まで」を「沈黙期間」として、決算に関連する質問への回答や関連する情報に関するコメントを控えております。ただし、沈黙期間であっても、発生した事象が適時開示に該当する場合には適時開示規則に従い、公表いたします。

その他

当社ウェブサイト上での情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項もあわせてご参照ください。