CORPORATE INFORMATION

当社の行動指針には「個の可能性を信じ、個を活かす」「価値の創造と革新を大切にする」ことを定めており、性別、人種、国籍、性的指向、障がいの有無などにかかわらず、多様な価値観や個性を互いに尊重して認め合い、前例に捉われない発想で変革・改革に挑戦するよう促しております。加えて、当社は、発揮能力により評価・登用する公正な人事制度の構築や、ライフステージに応じた様々なキャリアサポートの充実化に取り組んでおります。これらの取り組みを通じて、属性に関係なく多様な価値観、個性、経験及び知見をもつ人材が活躍できるよう、人材育成と社内環境整備に努めております。

多様な人材が活躍できる風土の醸成

1.女性の活躍

当社には性差を意識した職務や等級に係る制度はなく、性別に関係なく平等にキャリア形成の道を開いております。採用時の比率についても、男女間での顕著な差異はありません。また、男女を問わず育児休暇取得の推奨、時短勤務制度・ベビーシッター補助制度の整備など、ライフステージに応じた様々なキャリアサポートの充実化にも取り組んでおります。
2022年4月1日現在、全社員における女性の割合は32%、管理職においては21%、スタッフ職においては46%であります。また、女性社員の育児休暇取得者の復職率は100%を目標としており、同日現在、当該目標を達成しております。管理職における女性の割合については、2025年3月までに25%、2028年3月までに35%へ伸ばすことを目標としております。

2.外国人の採用・育成

当社は、開局当初より、世界中から選りすぐりのコンテンツを日本の会員にいち早くお届けすることに力を入れており、グローバル人材の採用・育成に取り組んでまいりました。
2022年4月1日現在、全社員における外国籍の社員の割合は1%、管理職においては0%、また最終学歴が国外の大学・大学院の社員の割合は全社員の3%です。上記以外にも、海外留学や駐在、海外生活の経験を有する等、インターナショナルな素養を持つ社員は多く、グローバル人材は年々増加しており、当社は、今後も積極的により多くのグローバル人材を採用・育成してまいります。一方、当社における管理職におけるグローバル人材、外国籍社員の割合は、現状、十分ではないと認識しており、今後、当該割合が高まるよう、人材育成及び社内環境整備に努めてまいります。

3.中途採用

2022年4月1日現在、全社員における中途採用者の割合は36%、管理職においては43%となっております。映像メディア業からコンテンツ・コミュニティ業への変革を遂げる中で、当社にとって新たな事業領域を成長させるためにも、異なる事業や業界において培われた経験・知見は必要不可欠と考えており、当社は毎年一定数の中途採用を実施しております。今後も継続して中途採用を実施するとともに、管理職における中途採用者の割合を高水準で維持できるよう努めてまいります。

【採用実績】

2021年度 12名
2020年度 5名
2019年度 5名

4.障がい者雇用

当社は、障がいの有無にかかわらず、多様な社員が、それぞれの個性と能力を発揮できる分野で活躍しています。また、パラアスリートも採用し、その競技活動を応援しています。

【障がい者雇用率】

2021年度 3.13%
2020年度 2.48%
2019年度 2.38%