CORPORATE INFORMATION
  • 番組・サービス
  • 2020.08.04
  • twitter
  • twitter

「連続ドラマW そして、生きる」が第46回放送文化基金賞において【番組部門】テレビドラマ番組で奨励賞を受賞

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 田中 晃、以下「WOWOW」)が製作し2019年に放送した「連続ドラマW そして、生きる」が、第46回放送文化基金賞において【番組部門】テレビドラマ番組で奨励賞を受賞しました。

放送文化基金賞は、視聴者に感銘を与え、放送文化の発展と向上に寄与した優れた放送番組や、放送文化、放送技術の分野での顕著な業績を対象に贈られる賞で、公益財団法人放送文化基金によって1974年に創設され、今年で46回目を迎えました。

WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

「連続ドラマW そして、生きる」の概要

初回放送
2019年8月4日(日)~9月8日(日) [WOWOWプライム](全6話)

再放送予定
「劇場版 そして、生きる」
2020年8月15日(土)よる8:30 [WOWOWプライム]
※ドラマ全6話を2時間に再編集した劇場版

WOWOWメンバーズオンデマンド
配信中

DVD情報
DVD-BOX カルチュア・パブリッシャーズより好評発売中

番組内容
有村架純と坂口健太郎を主演に迎え、東北と東京を舞台に過酷な運命のもとで生きた2人の男女、そして彼らと巡り合う人々の人生を描いたヒューマンラブストーリー。有村架純演じる瞳子は3歳のときに交通事故で両親を亡くし、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。19歳になった瞳子は女優を志し東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。数ヶ月後、友人と共に気仙沼でのボランティア活動に参加した瞳子は、坂口健太郎演じる東京の大学生・清隆と出会う。

脚本は『連続テレビ小説「ひよっこ」』で有村架純とタッグを組んだ人間ドラマの名手、岡田惠和。監督は、大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』でメガホンをとり、連続ドラマWは初監督となる月川翔。

<スタッフ・キャスト>

出演:有村架純、坂口健太郎、知英、岡山天音、萩原聖人、光石研、南果歩
脚本: 岡田惠和(『連続テレビ小説「ひよっこ」』『最後から二番目の恋』)
監督: 月川翔(『君は月夜に光り輝く』『君の膵臓をたべたい』)
音楽: 村松崇継(『思い出のマーニー』「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」シリーズ)

お問い合わせ

関連ニュース