CORPORATE INFORMATION
  • お知らせ
  • 2022.05.26
  • twitter
  • twitter

2022年5月定例会見要旨

5月25日(水)に定例記者会見を開催いたしました。概要は以下の通りです。

出席者:⽥中晃社⻑、⽥代秀樹常務、山本均取締役、郡司誠致取締役
スポーツ部 佐塚良輔プロデューサー

1. ご挨拶(中社

新型コロナウイルスの猛威も一段落し、本会見も、オンラインで参加の方もおられるが、久々に対面で開催することができてうれしく思う。国内外のエンターテインメントも、観客を入れた形での興奮が戻っていると実感している。もちろん、まだ人数制限や、声を出しての応援に制限がある状態であるが、明らかにエンターテインメントの世界に活気が戻っていると感じている。その活気の戻ったエンターテインメントを、よりよい形でお客さまに伝えていきたいと思っている。


2. 加入分析(郡司取締役)

4月は、ハリウッドとの共同制作ドラマ「TOKYO VICE」、BTSに注目が集まった第64回グラミー賞授賞式、日本勢が活躍したLPGA女子ゴルフツアーなどを放送・配信した。例年、4月は転居等の影響により解約が増加することで、正味加入件数は純減する傾向にある。今年はジャンルをまたいで注目コンテンツが豊富だったため、4月の新規加入としては、過去10年間で最大の約47,000件だった。一方で解約数も過去10年間の平均を下回り、結果として、月間の正味加入件数は前年同期に対して約2万件改善している。数字としてはマイナス約8,000件で純減だが、過去10年間を見ても2番目に良い正味加入件数となっている。
5
月は、サッカーのチャンピオンズリーグ決勝や、NCT 127の初となる東京ドーム公演の生中継などがある。6月は、LPGA女子ゴルフツアーのメジャー大会などに注目が集まっている。


3.今後の編成トピックス(田代常務)


【欧州サッカーUEFAチャンピオンズリーグ決勝 リヴァプールvsレアル・マドリード 5/29(日)午前3:00 独占生中継】
今シーズンのグループステージから独占放送・配信してきた「UEFAチャンピオンズリーグ」の決勝が、529日の午前3時から放送・配信となる。決勝は、プレミアリーグのリヴァプールと、ラ・リーガのレアル・マドリードであり、決勝で両チームが対戦するのは3度目となる。会場は全仏オープンテニスが開催中のフランス、パリ近郊のサン=ドニにあるスタッド・ドゥ・フランスである。もともとロシアのサンクトペテルブルクで決勝戦が行われる予定だったが、ロシアのウクライナ侵攻によって会場が変更となった。前回は2017-18シーズンに対戦しており、このときは31でレアル・マドリードが勝利した。リヴァプールは7度目の優勝を、レアル・マドリードは史上最多14度目の優勝を目指して戦う。なお、チャンピオンズリーグの2022-23シーズンも、グループステージから決勝まで独占放送・配信する。WOWOWオンデマンドでは全試合をライブ配信する。


【第2WOWOWクリエイターアワード 受賞者発表】
当社のオリジナルコンテンツの制作に際し、チャレンジ精神あふれる企画への取り組み、あるいは卓越した企画の成立に貢献した優秀な外部のクリエイター、プロデューサー、ディレクター、技術者個人を選出し、表彰する制度「WOWOWクリエイターアワード」を昨年に設立し今年は2回目となる。ここ数年、WOWOWではオリジナルコンテンツの制作に力を入れており、今回は多くの対象作品があったため、選考に悩んだ。まず、WOWOWのコンテンツ制作に力を貸してくださった全てのクリエイターに感謝を申し上げる。第2回WOWOWクリエイターアワードは、2021年度に放送・配信されたタイトルが選考の対象となっている。
受賞者の皆さんを紹介する。


●最優秀賞「連続ドラマW いりびと-異邦⼈-」 監督 萩原健太郎
●優秀賞 「連続ドラマW 華麗なる一族」監督 ⻄浦正記
●優秀賞 「大橋トリオLIVE AT MUSIC HOUSE」撮影監督 勝田正志
●優秀賞 「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」 監督 内片輝 ※優秀賞は放送日時順


まず、勝田撮影監督の「大橋トリオLIVE AT MUSIC HOUSE」は、千葉の田舎の一軒家で撮影されたオリジナルライブである。音楽を楽しむミュージシャンたちの表情がたおやかに撮られており、心を癒してくれる本当にすてきなライブだった。

「連続ドラマW 華麗なる一族」の西浦監督は、WOWOWドラマ最大規模のそうそうたるキャスト陣を束ねて、人間の愛欲をあぶり出す群像ドラマを作り、その人間への洞察力に優れた腕力に感服した。毎回流れるエンディングでは、モノクロの万俵家の室内をカメラワークしながら、花瓶や椅子、テーブルがカラーになってコラージュされていく映像が本当にすてきだった。

次に、「連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班」の内片監督は、本作がWOWOWにおいて11本目の監督作品である。ミステリーを見せる内片マジックは中毒性抜群である。例えば、主演の青木崇高さんと松雪泰子さんが廃墟の中で犯人を探すシーンは、何も起こらないにもかかわらず10分続く。カメラワークと音楽でスリル満載の映像を紡ぎ出すセンスは見事である。来月放送の松本清張原作「眼の壁」も内片監督が担当しているため、ご期待いただきたい。

最後に、最優秀賞である「連続ドラマW いりびと-異邦人-」の萩原監督について、初めて本作品を見た際、映像のみずみずしさに感服した。感性豊かな画角、画のサイズとカッティングに、萩原監督の思いがびしびしと伝わってきた。WOWOWのミステリーに新しい境地をつくってくれたことに感謝している。その最優秀賞を受賞した萩原監督から、受賞のコメントが届いている。

萩原監督受賞コメント)武田プロデューサーと植田プロデューサーから、WOWOWクリエイターアワード最優秀賞を受賞したという報告をいただいたとき、本当にうれしかった。本作品の特異性、ユニークさが受賞理由とのことだが、それも全て、武田プロデューサーから「いりびと」の話を最初に頂いたときに「メロドラマにしたい」と伺ったことから、女性が主に社会から抑圧されていた50年代のアメリカのメロドラマの様式をイメージとして取り込んでいければ、新しい作品になるのではないかと思って作り上げた。それが評価されたとすれば、改めてこの作品の出発点であるコンセプトがとても重要だったと思う。さらに、脚本家の関さんや、高畑さんをはじめたとした俳優部、東映京都のスタッフ、皆さんの力があってこそ成し得たことだと思っている。もし、またWOWOWでやらせていただけるなら、次は時代劇などに挑戦してみたい。

田代常務)受賞4作品は6月にWOWOWオンデマンドで全て配信する。

4.WOWOWが伊達公子ジュニア育成プロジェクトに参画
~テニスファンが未来ある女子テニスプレーヤーの夢を応援可能に!~(田中社長、佐塚良輔プロデューサー)


田中社長)本日は、テニスにおける新しい取り組みを紹介したい。スポーツ部の佐塚プロデューサーより報告する。


佐塚プロデューサー)WOWOWテニスの新しい企画である、「女子テニス未来応援プロジェクト Go for the GRAND SLAM」の取り組みについて説明する。
WOWOWスポーツでは、「胸高なる瞬間を、ともに」をテーマに、世界のスポーツの熱狂をお伝えしている。このたび、テニスのジュニア選手育成プロジェクトにWOWOWが参画することになった。


①背景
弊社は昨年より「映像メディア業からコンテンツ・コミュニティ業」への発展を目指して、活動に取り組んでいる。この方針に基づいた施策として、WOWOWテニスでは「見る」から「参加・体験」を促すコミュニティ・サービスを開発している。中でも、「応援」を推進する新企画として、今回の企画を進めている。
「応援」の推進は、WOWOWテニス3カ年ビジョンに沿った活動でもある。このビジョンは、今年1月の定例会見で申し上げた「世界とつながり、テニスの未来をつくる」ことを目指した取り組みになっている。WOWOWでは、テニスファンの声に応えるために、データの分析を行っており、1月の定例会見で発表した2021年度のデータにおける「好きな選手を育て、次世代の選手に夢を託したい」というお客さまの声に注目し、今回の参画を決定した。テニスファンの声を聞き、好きな選手を育て、次世代に夢を託したいというファンの声に応えるために、ジュニア選手育成プロジェクトを進めていく。

②リポビタンPresents 伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~ 概要
WOWOWテニスのアンバサダーも務める伊達公子さんと、YONEXが進めていた女子ジュニア選手の育成プロジェクトにWOWOWも参画する。本プロジェクトは2019年から始まり、2年を1期として、現在は2期目の活動が行われている。小学校6年生から高校2年生までのトッププロを目指す8人の選手を選抜し、国内合宿や、トップのコーチおよびトレーナーから直接指導を受け、国際テニス連盟のジュニア大会に出場して実戦経験を積みながら、最終的にはグランドスラムジュニアへの出場を目指す。

③WOWOW参画内容
プロジェクトへのWOWOWの取り組みとして、第1に情報発信を行っていく。グランドスラムをはじめ、世界のテニスを30年間お届けしてきたWOWOWが本プロジェクトの情報発信のハブとなり、露出の拡大を図っていく。
第2に、テニスファンがジュニア選手に資金応援できる仕組みを作る。WOWOWは選手の応援グッズの企画・販売を行い、この販売による売上金をファンからの応援金としてプロジェクトに還元、寄付する。テニスファンはグッズを購入することによって、選手の支援ができる仕組みとなる。なお、この応援金は主に選手の国内外の遠征費に充当する予定である。以上が、中期計画およびWOWOWテニス3カ年ビジョンに基づいた、ファンの熱量が選手の支援になるテニスコミュニティの開発、コンテンツを起点にコミュニティへ発展させる具体的な施策の一つとなっている。

④企画の想定スケジュール
7月までを準備期間と考えている。7月から12月をPhase1とし、第1弾グッズを7月から9月に販売する。この売上金の資金を、10月から12月に予定されている選手の国内ツアーに充当したいと考えている。その後、12月から3月をPhase2として、12月から2月に応援グッズの第2弾を販売し、2月、3月の選手の海外遠征の資金に充てる予定である。

⑤本企画の目標金額
500万円を目指している。この金額は、昨年、当社で車いすバスケットボールで同様の取り組みを行った際の実績を参考に算出している。500万円を目指し、かつ、さらに超えていきたいと思っている。グッズとしては、Tシャツやサイン入りグッズ等を考えている。


錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍で、テニス界が盛り上がっているという印象があると思うが、他のスポーツと同様に、その下のレベルではなかなか厳しい活動状況となっている。日本のランキングトップ10の選手より下になると、獲得賞金だけで活動の全てを賄っていくことが難しい。練習、遠征資金、コーチ費用等の莫大な資金がないことが原因で、夢への挑戦を諦めている選手も多々おり、多くの選手が過酷な状況で戦っている。
WOWOWは、本企画により、日本のテニス文化を支え、未来のスター選手の夢の後押しをしたいと考えている。引き続きファンの声を聞き、テニスに関するあらゆる楽しみを推進できるように、また、体験できる機会を増やせるように、新たな企画・開発にも取り組んでいきたい。

田中社長)女子ジュニアにフォーカスした育成プロジェクトは、あまりないと思う。これを2019年から始めている伊達公子さんと、YONEXをはじめとした企業に、まずは敬意を表したい。WOWOWが参画する本プロジェクトにおいて、WOWOWの取り組みは大変ささやかなスタートではあるが、主体はWOWOWのテニスファンということがポイントである。WOWOWのテニスファンの思いがジュニアの背中を押すことができれば、大変幸いだと思う。


5.最後に(田中社長)


WOWOWは視聴だけでなく「WOWOW体験」をもっとリッチにしていく「参加」「応援」「体験」の取り組みをしている。そして、「WOWOW体験」をリッチにしていくことで、WOWOWの会員であることの満足度を高めていこうと考えている。 まだまだ緒に就いたばかりであるが、テニスでいえば、WOWOWオンデマンドとWOWOWテニスワールドを通じて、会場にいるかのように全ての試合を見ることができる。練習コートも見に行くことができる。記者会見ものぞける。そこに開かれているお店で公式グッズも買うことができる。つまり現地にいるような体験をしていただける。 ボクシングでいえば、1月に後楽園ホールでお客さまのイベントを行った。そこにはチャンピオンの井上尚弥選手が来てくれて、井上選手とリング場でスパーリングを体験するという得難い体験をお客さまにはしていただいた。
 そういった幅広い「参加」「応援」「体験」といった価値、WOWOWの会員価値を高めていくことを、いろんな分野で取り組んでいる。また新しいユニークな、そして楽しいことを始める際にはお伝えしていきたい。ぜひご支援を賜りたい。

以上

お問い合わせ

関連ニュース