CORPORATE INFORMATION
  • 東証開示
  • 2021.04.30
  • twitter
  • twitter

業績予想の修正、減損損失および関係会社株式評価損の計上に関するお知らせ

当社は最近の業績動向等を踏まえ、2020年10月23日に公表しました通期業績予想(連結・個別)を以下のとおり修正いたします。また、2021年3月期において、連結財務諸表で減損損失を計上するとともに、個別財務諸表で関係会社株式評価損を計上する見込みとなりましたので、お知らせいたします。

1. 2021年3月期 通期連結業績予想数値の修正(2020年4月1日~2021年3月31日)

売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する
当期純利益
1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
78,800
百万円
4,800
百万円
5,000
百万円
3,300
円 銭
122.11
今回修正予想(B) 79,100 6,700 6,900 2,900 107.31
増減額(B-A) 300 1,900 1,900 △400
増減率(%) 0.4 39.6 38.0 △12.1
(ご参考)前期実績 
(2020年3月期)
82,450 8,489 9,225 5,072 187.92












2. 2021年3月期 通期個別業績予想数値の修正(2020年4月1日~2021年3月31日)

売上高 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
69,400
百万円
5,100
百万円
3,500
円 銭
129.51
今回修正予想(B) 69,800 6,600 2,700 99.91
増減額(B-A) 400 1,500 △800
増減率(%) 0.6 29.4 △22.9
(ご参考)前期実績 
(2020年3月期)
72,489 8,580 4,613 170.92











3. 修正の理由
(連結)
売上高は、正味加入件数が計画に対して下振れて推移したことにより有料放送収入が想定を下回りましたが、その他収入の増加がこれを上回り、前回予想よりも微増となる見通しです。
営業利益、経常利益につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により音楽ライブが中止になったこと等により、番組費が計画よりも減少したこと等から、前回予想を上回る見通しです。親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、下記、「4.減損損失(連結)および関係会社株式評価損(個別)の計上について」に記載の通り、減損損失を計上することから、前回予想を下回る見通しです。

(単体)
売上高、経常利益につきましては、連結と同様の理由となります。当期純利益につきましては、下記、「4.減損損失(連結)および関係会社株式評価損(個別)の計上について」に記載の通り、関係会社株式評価損を計上することから、前回予想を下回る見通しです。

4.減損損失(連結)および関係会社株式評価損(個別)の計上について
(1)減損損失(連結)の計上について
連結子会社であるWOWOWプラスにおける一部の事業において、当初想定していた収益が見込めなくなったため、無形固定資産及びのれん等の減損処理を実施することから、減損損失約21億円を計上いたします。

(2)関係会社株式評価損(個別)の計上について
上記に伴い、当社の個別財務諸表において関係会社株式評価損約15億円を計上いたします。

(注)上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づいて作成したものであり、実際の業績は今後の様々な要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります

以上

お問い合わせ

関連ニュース